二本の差し込み線(酒田五法)買いサイン(底値圏)

「差し込み線」とは、陰線の次のローソク足がマドを空けずに始値が安値寄りでスタートし、終値が1本前の陰線の始値を越えない陽線をいいます。

本来、差し込み線は売りシグナルですが、再び、差し込み線が出現した際は、売りの利食いが終わり、買いの力が強くなる傾向があります。

二本の差し込み線 シグナルインジケーター(酒田五法)


また、買いサイン12本(底値圏)、売りサイン9本(下降相場)、買いサイン9本(上昇相場)、売りサイン12本(天井圏)の4セットも作ってみました。

こちらも合わせて御覧ください。

 

買いサイン(底値圏)インジケーター12本セット

売りサイン(下降相場)インジケーター9本セット

買いサイン(上昇相場)インジケーター9本セット

売りサイン(天井圏)インジケーター12本セット

おすすめの記事