最後の抱き線/包み線(酒田五法)買いサイン(底値圏)

「最後の抱き線(包み線)」とは、1本前の陽線を包み込むような形で大陰線が出現するパターンをいいます。

大陰線の次のローソク足が上寄りの陽線であれば上昇のポイントとなります。

ただし、ローソク足が下寄りの陰線なら、まだ売り圧力が強いでしょう。

逆パターンは天井付近で現れる「最後の抱き線(包み線)」で、下落サインです。

最後の抱き線/包み線(底値圏) シグナルインジケーター(酒田五法)


また、買いサイン12本(底値圏)、売りサイン9本(下降相場)、買いサイン9本(上昇相場)、売りサイン12本(天井圏)の4セットも作ってみました。

こちらも合わせて御覧ください。

 

買いサイン(底値圏)インジケーター12本セット

売りサイン(下降相場)インジケーター9本セット

買いサイン(上昇相場)インジケーター9本セット

売りサイン(天井圏)インジケーター12本セット

おすすめの記事